魔法学院と俺

隣の部屋でA山が異邦人お二人にご無体な事をされているようで
余り眠れなかったんだけども、翌日しっかり仕事に。
片付け手伝えなくて申し訳なかった。


そして仕事終了。
さて昨晩の面々はどうなったかなとメールをちまちま。
するとA山とS部嬢が池袋潜伏中との返信が。

ホイホイ釣られていく俺。待ち合わせはハンズ前。
はてどこに行くのやら…と思ったらすっげえ聞き覚えのある場所。


このバカの心の故郷、アフィリア魔法学院でした。


いやあ、高っけえな…
一時間フリードリンク(ノンアルコールのみコース)で1900円かい…
半ニートが少ない身銭切って良く行くなあと感心というか何というか。
まあ、確かに面白い内装だったしよく凝ってるなと思った。

来るととりあえずコインを1個くれるらしい。
隣でS部嬢が速攻回してたのが店員さん(後輩って言うのか?)に
クリーンヒットしたらしく、掴みはOK。流石だ。
飲み物適当に頼んで、待ってる間、三人でコイン回し対決。
どうしようもない遊びに燃える三人。 だが それがいい。

そして、昨晩の呑みで余分に金を出したらしい俺に返金…しても受け取らないだろうと
いうことで、小物(?)を一つ頂戴する。

f0075653_0492176.jpg


和風灰皿+マッチ。色々分かっていらっしゃる。
マッチは頭に着火剤が両方付いてて摩擦力の大きい所で擦ると点くタイプ。
次元大介が使ってるアレと思って頂ければ。
どうも有り難うございます。大事にします。


そんな大きめなプレゼント授受をしていたものだから、店員さんに
「先輩今日お誕生日なんですか?」と訊かれるも答えは普通にNO。
三人で(しまったウソでも言っときゃ何かしてもらえた!)と後悔。
まあ、そんなモノです。


んでま…適当に飲み食いして帰路。途中日暮里でダベって。
QMAをしにゲーセンへ行って、帰宅。



お酒は用法用量を守って正しく呑みましょう。>俺
[PR]
by nobi-novy | 2006-08-15 23:59 | 日常


<< いや、なんとなく。 異邦人と俺 >>